【統率者】あると便利なカード集・多色編【EDH】

あると便利な多色のカードをご紹介。
色が増えれば増えるほど色拘束が厳しくなりますが、より強力な呪文となるのでマナベースをしっかりと構築とし、適宜採用していきましょう!

スポンサードリンク

<白青>

妨害要素の強いカラーで、強力なカウンターやPWが特徴的です。
「打ち消されない」を持つ有用なカードは統率者でも超強力!


《ドビンの拒否権/Dovin’s Veto》

打ち消されない打消し。生物は弾けないので注意。


《至高の評決/Supreme Verdict》

打ち消されないマスデス。破壊不能は吹き飛ばせませんが破壊力十分。


《スフィンクスの啓示/Sphinx’s Revelation》

ライフゲインとドローがガッチャンコ。ライフレース主体であれば有りがたい。


《時を解す者、テフェリー/Teferi, Time Raveler》

相手の動きを大きく削ぐことが可能。3マナと軽いのも吉。

<青黒>

色的にドローとサーチに強いカードがいくつも存在します。
墓地やデッキを参照するカードも多くあり、コンボにも繋がるので色があれば是非採用したいですね!


《湖での水難/Drown in the Loch》

カウンターと除去の2モードが選べます。状況によって範囲が変化するので注意。


《リム=ドゥールの櫃/Lim-Dul’s Vault》

サーチカード。軽く取り回しが良いのが超エライ。


《記憶の裏切り/Mnemonic Betrayal》

相手の墓地に向かってシュート! 超エキサイティング!


《囁く狂気/Whispering Madness》

殴ると《意外な授かり物/Windfall》を誘発するようになります。コンボパーツにも。


《時の篩/Time Sieve》

ファクトを起因とした追加ターン装置。コンボで無限ターンにも。


《概念泥棒/Notion Thief》

相手のドローを盗みます。瞬速なのでベストタイミングを見極めましょう!


《悪意の大梟/Baleful Strix》

スーパーユーティリティークリーチャー。

<赤黒>

全体除去や優秀なピン除去が特徴的。
最近ではドローにも手を出し始めているため見た目よりも器用になりました。


《コラガンの命令/Kolaghan’s Command》

《石鍛冶の神秘家》絶対に許さないカード。どのモードも刺さります。


《Fire Covenant》

《毒の濁流》に似たような性質。ただインスタントなので取り回しが楽。


《波乱の悪魔/Mayhem Devil》

新しい砲台。サクリ台と合わせると無限バーン!


《アズラの賭け屋/Azra Oddsmaker》

殴る度ドロー。殴れないとディスアドなので気をつけて。

<赤緑>

かなり前のめりなカードが多い印象です。
速攻やクリーチャーサポート、土地関係に優秀なカードが割り振られていますね。


《ヤヴィマヤの火/Fires of Yavimaya》

速攻! 速攻!


《野生の律動/Rhythm of the Wild》

速攻! 打ち消されない!


《難問の鎮め屋/Vexing Shusher》

青に対しての回答のひとつ。地味に高い…


《古えの遺恨/Ancient Grudge》

2回使える置物除去。とても使いやすい。


《レンと六番/Wrenn and Six》

レンロク。統率者戦では土地を回収するのが主な仕事になります。軽いのは正義。


《火花を散らすもの/Sparkcaster》

ちらつき、あるいは無限キャストで無限バーン。無限のパーツにどうぞ。

<緑白>

どちらかと言えば防御よりなカードが多い緑白ですが、マナ加速も強力。
ヘイトベアかビッグマナか、自分のデッキスタイルに合ったカードを採用しましょう!


《エラダムリーの呼び声/Eladamri’s Call》

生物の万能サーチ。手札にくるかつインスタントタイミングなのが強い!


《ドロモカの命令/Dromoka’s Command》

便利なモードが勢ぞろい。エンチャは生け贄なので狙い撃ちすべし。


《オーラの破片/Aura Shards》

自軍生物すべてに《解呪》が付与されるようなエンチャ。


《ミラーリの目覚め/Mirari’s Wake》

マナ倍エンチャントの代表格。パワーアップも地味に強い。


《真の木立ち/Sterling Grove》

エンチャントを守るエンチャント。エンチャント主体のデッキでは頼もしい。


《フェイ庄の古老/Faeburrow Elder》

パーマネントの色を参照してマナを生む。重いがその能力は強力。


《クァーサルの群れ魔道士/Qasali Pridemage》

QPM。コモンとは思えない性能を誇る奇跡の猫。


《武勇の場の執政官/Archon of Valor’s Reach》

色にピッタリの抑制能力。クリーチャー踏み倒し系であれば是非採用したい1枚。

<赤白>

置物除去、追加コンバットなどとそれぞれのカラーの特徴を前に押し出した形。
トークンなどをサポートするカードもいくつか存在しますね。


《摩耗+損耗/Wear+Tear》

めちゃめちゃ使いやすい置物除去。声に出して読みたい日本語。


《攻撃の波/Waves of Aggression》

追加コンバット。殴れ殴れ!


《栄光の好機/Chance for Glory》

追加ターン。殴れ殴れ!

<赤青>

スペル関係に強い色。コスト軽減はどこの領域でも強力!
コピーなどの呪文強化もあるのでトリッキーな空中戦が好きな人はそういったカードを採用しましょう!


《変化+点火/Turn+Burn》

色的には珍しい生物万能除去。


《千年嵐/Thousand-Year Storm》

コピー装置。爆アドを狙うべし!


《ゴブリンの電術師/Goblin Electromancer》

スペルのコストを1減らします。似たような能力のものを重ねると凄いことに。

<黒緑>

強力なパーマネント除去が魅力的なカラー。
ほとんどのパーマネントに触れられるため色のイメージの割りに政治色が強め。


《突然の衰微/Abrupt Decay》

打ち消されないパーマネント除去。青に邪魔されぬ、エライ!


《暗殺者の戦利品/Assassin’s Trophy》

土地あげるからそれぶっ壊すな! 自分のは割れないので注意。


《大渦の脈動/Maelstrom Pulse》

同名カード絶対に許さないマン。インスタントタイミングで撃てれば無限トークン対策にも。


《資源の浪費/Squandered Resources》

破滅的マナ加速カード。生け贄起因ギミックと組み合わせると――


《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》

1マナプレインズウォーカーと評されるオバケマナクリ。


《悪魔の職工/Fiend Artisan》

新しい《出産の殻》のような生き物サーチカード。高いよ!

<白黒>

万能除去を擁するカラー。追放という手段を取ることが多いので、相手のコンボやペースを乱すことが可能!


《名誉回復/Vindicate》

フレーバーが素晴らしい1枚。万能除去の走り。


《完全なる終わり/Utter End》

本カラーの追放除去の代表格。インスタントもいいね!


《苦渋の破棄/Anguished Unmaking》

上記より軽いが3点ライフを失います。安いもんよ。


《死体騎士/Corpse Knight》

他の生物が着地するとライフロス。無限着地とのコンボにどうぞ。


《オルゾフの司教/Orzhov Pontiff》

マナクリ掃除屋。二回誘発する可能性があるのでお得。


《灰燼の乗り手/Ashen Rider》

CIPとPIGで追放除去。土地も行けます。

<緑青>

生き物関係のサポートが多いが、やや絡め手。緑と青の両方の要素を含んでいることが多く、はまるとヤタラメタラに強いカードが刷られることもしばしば。


《新生化/Neoform》

プチ《出産の殻》。使い切りでもその効果は十二分に強力。


《キオーラの追随者/Kiora’s Follower》

パーマネントをアンタップする起動能力を持つ。色らしい能力。


《ハイドロイド混成体/Hydroid Krasis》

スタンでも大暴れしたハイドラ。ハイドラ?


《王冠泥棒、オーコ/Oko, Thief of Crowns》

環境を破壊し尽くした脅威のプレインズウォーカー。統率者も鹿にしたれ!

スポンサードリンク

※当サイトはファンコンテンツ・ポリシーに沿った非公式のファンコンテンツです。ウィザーズ社の認可/許諾は得ていません。題材の一部に、ウィザーズ・オブ・ザ・コースト社の財産を含んでいます。cWizards of the Coast LLC.
最新情報をチェックしよう!