【EDH・統率者】まどろむ島、アリクスメテス‐スーパーワンパンマン‐【デッキ紹介】

《まどろむ島、アリクスメテス/Arixmethes, Slumbering Isle》
(2)(緑)(青)
クラーケン(Kraken)
まどろむ島、アリクスメテスの上にまどろみカウンターが置かれているかぎり、これは土地である。(これはクリーチャーではない。) あなたが呪文を唱えるたび、あなたはまどろむ島、アリクスメテスの上からまどろみカウンターを1個取り除いてもよい。
(T):(緑)(青)を加える。
12/12

寝てる間に背中に街を建てられた系クラーケンこと《まどろむ島、アリクスメテス/Arixmethes, Slumbering Isle》をご紹介します!
土地かつ生物という珍しいスタイルの伝説のクリーチャーですが、驚くべきはそのサイズ。
12/12という破格のパンチ力!
コジレックに匹敵する大きさ、というフレーバー通り、スタッツも同一となっております。
統率者戦において12というパワーは驚異的でなんと2パンチで1人退場させることができます。
ただし呪文を5つ唱えない限り、2マナを生み出す土地の状態のまま。
とはいえこのマナ能力も非常にオモシロイ活用方法がありそうです!
殴りとコンボを両立させた構築を目指していきましょう!

スポンサードリンク

デッキリスト

<General:1>
1:《まどろむ島、アリクスメテス/Arixmethes, Slumbering Isle》

<Land:33>
1:《古えの墳墓/Ancient Tomb》
1:《統率の塔/Command Tower》
1:《真鍮の都/City of Brass》
1:《マナの合流点/Mana Confluence》
1:《風変わりな果樹園/Exotic Orchard》
1:《睡蓮の原野/Lotus Field》
1:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
1:《霧深い雨林/Misty Rainforest》
1:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
1:《汚染された三角州/Polluted Delta》
1:《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
1:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
1:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
1:《虹色の眺望/Prismatic Vista》
1:《植物の聖域/Botanical Sanctum》
1:《繁殖池/Breeding Pool》
1:《溢れかえる果樹園/Flooded Grove》
1:《内陸の湾港/Hinterland Harbor》
1:《シミックの成長室/Simic Growth Chamber》
1:《ヤヴィマヤの沿岸/Yavimaya Coast》
1:《ガイアの揺籃の地/Gaea’s Cradle》
1:《ドライアドの東屋/Dryad Arbor》
1:《海の中心、御心/Mikokoro, Center of the Sea》
1:《錬金術師の隠れ家/Alchemist’s Refuge》
1:《ならず者の道/Rogue’s Passage》
1:《Tropical Island》
4:《森/Forest》
3:《島/Island》

<Creature:29>
1:《極楽鳥/Birds of Paradise》
1:《Fyndhorn Elves》
1:《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》
1:《エルフの神秘家/Elvish Mystic》
1:《ジョラーガの樹語り/Joraga Treespeaker》
1:《ティタニアの僧侶/Priest of Titania》
1:《花を手入れする者/Bloom Tender》
1:《円環技師/Gyre Engineer》
1:《クルフィックスに選ばれし者、キデール/Kydele, Chosen of Kruphix》
1:《水蓮のコブラ/Lotus Cobra》
1:《東屋のエルフ/Arbor Elf》
1:《旅するサテュロス/Voyaging Satyr》
1:《造化の紡ぎ手/Ley Weaver》
1:《キオーラの追随者/Kiora’s Follower》
1:《砂時計の侍臣/Vizier of Tumbling Sands》
1:《命運縫い/Fatestitcher》
1:《桜族の斥候/Sakura-Tribe Scout》
1:《春花のドルイド/Springbloom Druid》
1:《大蛇の葉詠み/Orochi Leafcaller》
1:《知識の紡ぎ手/Lore Weaver》
1:《雷足のベイロス/Thunderfoot Baloth》
1:《狩猟の神、ナイレア/Nylea, God of the Hunt》
1:《幻の漂い/Drift of Phantasms》
1:《トリトンの英雄、トラシオス/Thrasios, Triton Hero》
1:《ラクァタス大使/Ambassador Laquatus》
1:《タッサの神託者/Thassa’s Oracle》
1:《歩行バリスタ/Walking Ballista》
1:《金粉のドレイク/Gilded Drake》
1:《刻み角/Manglehorn》

<Spell:18>
1:《輪作/Crop Rotation》
1:《森の占術/Sylvan Scrying》
1:《自然の知識/Nature’s Lore》
1:《三顧の礼/Three Visits》
1:《渦まく知識/Brainstorm》
1:《繰り返すひらめき/Recurring Insight》
1:《俗世の教示者/Worldly Tutor》
1:《神秘の教示者/Mystical Tutor》
1:《破滅の終焉/Finale of Devastation》
1:《起源の波/Genesis Wave》
1:《否定の契約/Pact of Negation》
1:《白鳥の歌/Swan Song》
1:《意志の力/Force of Will》
1:《交錯の混乱/Muddle the Mixture》
1:《自然の要求/Nature’s Claim》
1:《活性の力/Force of Vigor》
1:《サイクロンの裂け目/Cyclonic Rift》
1:《有毒の蘇生/Noxious Revival》

<Enchantment:12>
1:《繁茂/Wild Growth》
1:《はびこり/Overgrowth》
1:《楽園の拡散/Utopia Sprawl》
1:《肥沃な大地/Fertile Ground》
1:《イトリモクの成長儀式/Growing Rites of Itlimoc》
1:《マナの反射/Mana Reflection》
1:《森の知恵/Sylvan Library》
1:《Mystic Remora》
1:《リスティックの研究/Rhystic Study》
1:《ペミンのオーラ/Pemmin’s Aura》
1:《現実からの遊離/Freed from the Real》
1:《ハダーナの登臨/Hadana’s Climb》

<Artifact:7>
1:《魔力の墓所/Mana Crypt》
1:《魔力の櫃/Mana Vault》
1:《太陽の指輪/Sol Ring》
1:《モックス・ダイアモンド/Mox Diamond》
1:《水蓮の花びら/Lotus Petal》
1:《威圧の杖/Staff of Domination》
1:《街の鍵/Key to the City》

ワンパンマン

アリクスメテスの最大の特徴はなんといってもそのサイズ
圧倒的威圧感のあるパワーを活かすためには回避能力を与えてやるのが一番です。
緑・青というカラーにはそれぞれトランプル、飛行という非常に使いやすい回避能力が割り当てられているので、それらを付与するカードを採用していきましょう!


《雷足のベイロス/Thunderfoot Baloth》
副官能力持ち。トランプルを付与! 殴れ殴れ!


《狩猟の神、ナイレア/Nylea, God of the Hunt》

神。トランプルを付与! 殴れ殴れ殴れ!


《ハダーナの登臨/Hadana’s Climb》

パワー倍装置。飛行を付与! 殴れ殴れ殴れ殴れ!


《ならず者の道/Rogue’s Passage》
殴りジェネラルご用達の土地。アンブロッカブルを付与! 殴れ殴れ殴れ殴れ殴れ!


《街の鍵/Key to the City》
殴りジェネラルご用達の置物。アンブロッカブルを付与! 殴れ殴れ殴れ殴れ(ry

《ハダーナの登臨/Hadana’s Climb》アリクスメテスを1パンマンに変身させる最高の土地です。
マナクリやドローカードなどを活用して、できるだけ早く変身させましょう。
ワンパンマンになったら、次はスーパーマンになっていきましょう!

スーパーマン


《ペミンのオーラ/Pemmin’s Aura》
通称スーパーマンスーツ。誰でも《変異種/Morphling》になれる!

このカードをアリクスメテスにエンチャントするとなんと無限マナ(緑)を生み出すことができます! しかも一番下の能力をギリギリまで起動すれば

21/3のワンパンマンにまで大変身!

青マナに余裕があれば飛行も付与可能です。 地上を埋めて安心している相手をサクッと退場させることができます。 こちらのカードでも同様に緑無限マナが成立します!


《現実からの遊離/Freed from the Real》

アンタップとタップをさせてくれるオーラ。まずタップ能力は使いませんが。

上記2枚のカードは、アリクスメテスだけではなく、これらともコンボを形成します。


《花を手入れする者/Bloom Tender》
多色のお供。3色ジェネラルだとかなり重宝します。


《円環技師/Gyre Engineer》
2マナを生成してくれる新顔。スタッツが低いのがやや不安材料。

《トリトンの英雄、トラシオス/Thrasios, Triton Hero》《威圧の杖/Staff of Domination》があれば無限ドローが成立します。 そこから《歩行バリスタ/Walking Ballista》にアクセスすれば無限マナからの無限キャノン炸裂!
《起源の波/Genesis Wave》に注ぎ込めばデッキすべてのパーマネントを展開可能です!
とはいえ、せっかく《威圧の杖》を採用しているので無限の範囲を拡大させたいところ。
以下のカードたちも採用してコンボの成功率をアップさせましょう!

スタッフマン


《威圧の杖/Staff of Domination》

スーパー便利アイテム。かつて禁止カードだったほどのカードなので性能は随一。

土地から4マナ以上が出ればこれらのカードとの組み合わせで無限コンボ!


《造化の紡ぎ手/Ley Weaver》
土地アンタップの新顔。相棒がドロー能力を持っているのでかなり使いやすいカード。


《砂時計の侍臣/Vizier of Tumbling Sands》

パーマネントをアンタップマン。サイクリングするとパーマネントをアンタップしますが今回はインクの染み。

3ドロー以上していれば、このカードでも無限コンボ!


《クルフィックスに選ばれし者、キデール/Kydele, Chosen of Kruphix》
引いた数だけ無色マナを生み出してくれるやーつ。《渦まく知識/Brainstorm》を撃てと書いてあります。

さてこれらのコンボで無限ドローは成立しますが、勝ち筋が《歩行バリスタ/Walking Ballista》だけではやや不安が残ります。 なので青らしくこいつらを使って勝ち筋を増やしていきます!

オラクルマン


《ラクァタス大使/Ambassador Laquatus》

歌って踊れるミル。対戦相手を削っても良いですがエルドラージタイタンズがいるとできないので――


《タッサの神託者/Thassa’s Oracle

新型のマニアック。パイオニアで大活躍中!


《大蛇の葉詠み/Orochi Leafcaller》
マナフィルター。緑から有色マナに変換できるのでこのデッキにベストマッチ!

とりあえずマニアックを入れていればオッケーみたいな風潮は否めませんが、強いので良し!
《大蛇の葉詠み/Orochi Leafcaller》は無限マナが緑しか発生しないので、青マナが出ないときの保険です。
生み出した無限マナを《ラクァタス大使/Ambassador Laquatus》に注ぎ込み、デッキを空にして《タッサの神託者/Thassa’s Oracle》を置けば…勝利!
《タッサの神託社》がなくなってしまった場合には《ラクァタス大使》の対象を他のプレイヤーにしてやりましょう。ライブラリーを空にしてそのまま勝利です!

プレイングガイド

プレイングの流れ

  1. マナクリ、マナ加速エンチャで加速する。
  2. 素早くアリクスメテスを唱える。
  3. 温存しておいたマナクリやスペルを唱えて生物化する。
  4. 殴る!
  5. 殴りきれなければコンボ! ビーム!

勝ち筋

  1. 殴る
    《まどろむ島、アリクスメテス/Arixmethes, Slumbering Isle》+《ハダーナの登臨/Hadana’s Climb》
  2. 無限マナ+無限ドロー
    《まどろむ島、アリクスメテス/Arixmethes, Slumbering Isle》+《ペミンのオーラ/Pemmin’s Aura》+《トリトンの英雄、トラシオス/Thrasios, Triton Hero》
  3. バリスタキャノン
    上記無限マナコンボから《歩行バリスタ/Walking Ballista》

苦手

マナ加速、コンボに突っ走ってるのでドローが弱い構築になってます
序盤に全力投入してマスデスを放られるとかなりきついゲームを強いられることになりますので注意!
統率者本人にアドを取る能力がないため、ドローエンジンは大切にしましょう。

また生物化する前は土地なので、土地破壊に巻き込まれてしまうことも。 《血染めの月/Blood Moon》は致命的なカードですので、必ず弾くか除去しましょう!

まとめ

スーパーワンパンマンになりたい《まどろむ島、アリクスメテス/Arixmethes, Slumbering Isle》
いかがでしたでしょうか!
殴りジェネラルとコンボジェネラルの両面を活かした構築となりましたが、殴りのみ、コンボのみで組んでも面白そうです。ひたすら二段攻撃!
パワーの威圧感が尋常ではないので、対戦相手によっては相当嫌がられますのでご注意を。
マナ能力は生物化してからももちろん起動できるのでお忘れなく!

ではでは次のジェネラルでお会いしましょう! 素敵な統率者ライフを!

当サイトはファンコンテンツ・ポリシーに沿った非公式のファンコンテンツです。
ウィザーズ社の認可/許諾は得ていません。題材の一部に、ウィザーズ・オブ・ザ・コースト社の財産を含んでいます。cWizards of the Coast LLC.
関連記事

スポンサードリンク
ここでは統率者のデッキをご紹介いたします。 新しいカードやデッキタイプが出来れば既存のデッキでも随時更新していく予定です。 デッキ構築のご参考にしてください!

《まどろむ島、アリクスメテス/Arixmethes, Slumbering Isle》 (2)(緑)(青) クラーケン(Kraken) まどろむ島、アリクスメテスの上にまどろみカウンターが置かれているかぎり、これは土地である。(これはクリーチャーではない。) あなたが呪文を唱えるたび、あなたはまどろむ島、アリクスメテスの上からまどろみカウンターを1個取り除いてもよい。 (T):(緑)(青)を加える […]

当サ[…]

最新情報をチェックしよう!