【統率者】あると便利なカード集・アーティファクト編【EDH】

統率者戦では、マジックに存在するほぼすべてのカードを使うことができます。
どんなカードを使おうか選ぶ時間はとても楽しい!
だがしかし、マジックの歴史は長く、すべてを網羅することはおおよそ不可能、やはり使いやすいカードというものが存在します。
ここでは使いやすいアーティファクトをご紹介します。
デッキ構築の参考になれば幸いです!

スポンサードリンク

マナファクト

統率者戦ではほぼ必須のカード達。マナ加速からのビッグアクションは統率者戦ならではの醍醐味ですね!
ここでは代表的なものをピックアップしていきますが、これ以外にもたくさんあるので面白いものが見つかったら随時紹介していきます!

Sol Ring
《太陽の指輪/Sol Ring》
いわずとしれた1マナファクト。構築済みでも定番で入手しやすさナンバーワン。

Mana Vault
《魔力の櫃/Mana Vault》
1マナで3マナを生み出す破格の生産能力。ただしアンタップせず、タップ状態ではダメージをとばしてきます。

Grim Monolith
《厳かなモノリス/Grim Monolith》
こちらも3マナを生み出すファクト。ただし生み出す以上のマナを消費しなければアンタップできません。

Basalt Monolith
《玄武岩のモノリス/Basalt Monolith》
3マナ捻出Artifactその3.生み出したマナと同等のマナを消費してアンタップ可能。

Mana Crypt
《魔力の墓所/Mana Crypt》
0マナファクトの王様。ダメージも意外と馬鹿にならないので追加ターンなどではご注意を。

LotusPetal
《水蓮の花びら/Lotus Petal》
生け贄にささげることで色マナを生み出す0マナファクト。妖怪1足らない撃退装置。

Mox Diamond
《モックス・ダイアモンド/Mox Diamond》
手札から土地を追放することで好きなマナを生み出す0マナファクト。選ぶ土地は慎重に。

Chrome Mox
《金属モックス/Chrome Mox》
上記とは異なり土地とアーティファクト以外のカードを追放し、その色マナを生み出す。

Mox Opal
《オパールのモックス/Mox Opal》
追放や刻印はいらないが、3つアーティファクトがないとマナが出ない。場にないこと滅多にないけどね!


《モックス・アンバー/Mox Amber》
統率者へのマナの支払いには使いにくいものの、0マナの恩恵はデカい!


《ライオンの瞳のダイアモンド/Lion’s Eye Diamond》
手札が捨てられるうえに3マナもくれる! 色マナなのも強力。値段も強力…

Gilded Lotus
《金粉の水蓮/Gilded Lotus》
ブラックロータスが延々と使えるマナファクト。5マナと重いが場に出してからのテンポは圧巻。


《永遠溢れの杯Everflowing Chalice》
蓄積カウンターの数だけ無色マナを生み出してくれます。地味に増殖との相性グッド。

Fellwar Stone
《友なる石/Fellwar Stone》
対戦相手が出せる色マナが生み出せます。多色デッキのお供に!


《秘儀の印鑑/Arcane Signet》
《統率の塔/Command Tower》と同じ能力を持つ置物。ブロールセット限定商品。この商売上手め!

Commander's Sphere
《統率者の宝球/Commander’s Sphere》
構築済みにも入っているマナファクト。統率者の塔と同じ効果で非常に使いやすい手に入れやすい。

Darksteel Ingot
《ダークスティールの鋳塊/Darksteel Ingot》
破壊不能を持ったマナファクト。これが地味に助かったり。

Coalition Relic
《連合の秘宝/Coalition Relic》
多色デッキにはぜひ採用したい1枚。一時的なマナブーストにも最適。

Chromatic Lantern
《彩色の灯籠/Chromatic Lantern》
多色デッキにはぜひ採用したい1枚その2.色事故からの解放! 《血染めの月》の対策にも。

Mind Stone
《精神石/Mind Stone》
2マナファクトの定番。ドローもあるので後半引いても腐らないのがエライ。

Hedron Archive
《面晶体の記録庫/Hedron Archive》
ちょうど2倍の《精神石/Mind Stone》


《夢石の面晶体Dreamstone Hedron》
ちょうど3倍の《精神石/Mind Stone》


《火想者の器Firemind Vessel》
色の異なる2点のマナを生み出すマナファクト。ミゼットの圧凄いぃ。

Prismatic Lens
《虹色のレンズ/Prismatic Lens》
無色マナのマナファクトであり、マナフィルターでもある。単体でもマナがでるので使いやすい。


《アーカムの天測儀/Arcum’s Astrolabe》
欲張りマナフィルター。マナは増えないけどドローと氷雪がエライ!


《探検の地図/Expedition Map》
ファクト版の《森の占術/Sylvan Scrying》。モダンではトロンの屋台骨。


《旅人のガラクタ/Wayfarer’s Bauble》
ウニ。すべての色で使える《不屈の自然/Rampant Growth》

Thran Dynamo
《スランの発電機/Thran Dynamo》
無色マナを3マナ生み出してくれる重たいマナファクト。《通電式キー》のお供でもある。


《Jeweled Amulet》
ややクセのあるマナファクト。加速というよりかは補助といったところ。

【メダリオンシリーズ】
各色に存在するコスト軽減系メダリオンズ。単色系統は積んでも良さげ。特に青はその恩恵が大きく強

【印鑑シリーズ】
多色のお供のド定番。マナ加速としての性能はさほど高くはありませんが、フィルターとして非常に優秀。

【タリスマンシリーズ】
ダメージランドと同じようなマナファクト。対抗色もついに登場!


《魔力の篭手/Gauntlet of Power》
実質マナが倍。他のプレイヤーにも影響を及ぼすので色の選択には注意!


《かごの中の太陽/Caged Sun》
上記カードのリメイク的カード。自分だけに限定された分だけ重い。

スポンサードリンク

便利アーティファクト

ユーティリティーの高いアーティファクトをご紹介。
色を選ばずに入れられるのがアーティファクトの良いところですね。
デッキを滑らかにするカードやコンボパーツなどに使われることが多いのが特徴です。
マジックの歴史上、極悪でぶっ壊れたアーティファクトがいくつもあるので、それらを使える統率者でももちろん大暴れします。アーティファクト対策は大事!
得意な色は青、対抗できる色は緑と赤で、文明を嫌う赤はこのアーティファクトを目の仇にします。


《師範の占い独楽/Sensei’s Divining Top》
みんな大好き先生! あらかじめ欲しいカードをイメージしてから回しましょう。


《巻物棚/Scroll Rack》
疑似的なドローカード。トップ操作とも相性が抜群。個人的にはかなり好き。


《千年霊薬/Thousand-Year Elixir》
疑似的な速攻を与える置物。1マナタップで生物をアンタップできます。マナクリが受ける恩恵は絶大。


《雲石の工芸品/Cloudstone Curio》
ちょっと変わった挙動のバウンス装置。出し入れするだけで勝てるアクションで使われます。

Voltaic Key
《通電式キー/Voltaic Key》
マナファクトじゃないが、もうほとんどマナファクトみたいなもん。


《巻き戻しの時計/Unwinding Clock》
アーティファクト限定の《覚醒/Awakening》のようなカード。マナ加速やコンボに。


《世界のるつぼ/Crucible of Worlds》
墓地から土地がプレイできるようになる置物。非緑デッキでのマナ加速や【上陸】系の相棒!


《パラドックス装置/Paradox Engine》
統率者戦における最終兵器のひとつ。主にマナクリ、マナファクトを幾度となく起こします。
※2019年7月12日より禁止推奨カードに選出されました。使用の際には注意して下さい。


《霊気貯蔵器/Aetherflux Reservoir》
ストーム系デッキの最終兵器。50点ビームの快感を味わうべし。


《ブライトハースの指輪/Rings of Brighthearth》
起動能力をコピーする置物。色々なコンボパーツに利用されます。ややクセ強し。


《ストリオン共鳴体Strionic Resonator》
誘発能力をコピーする置物。こちらもコンボパーツとして引っ張りだこ。


《等時の王笏/Isochron Scepter》
読みにくいカード三銃士のひとつ。『とうじのおうじゃく』。刻印したスペルを2マナで使いまわす。コンボパーツの1つ。


《威圧の杖/Staff of Domination》
あれこれ搭載された七つ道具のような杖。以前は禁止されていましたが今では解禁!


《アシュノッドの供犠台/Ashnod’s Altar》
超優秀なサクリ台の1つ。2マナがエライ。


《ファイレクシアの供犠台/Phyrexian Altar》
超優秀サクリ台の1つ。生き物を好きな色マナに変換!


《クラーク族の鉄工所/Krark-Clan Ironworks》
アーティファクト版の《アシュノッドの供犠台》。モダンでも活躍しましたね。


《彫り込み鋼Sculpting Steel》
アーティファクトをコピーするアーティファクト。マナファクト倍増!


《前兆の時計/Clock of Omens》
アーティファクト2つをタップすると、1つをアンタップできる装置。ファクトデッキに!


《バネ葉の太鼓/Springleaf Drum》

なんでもクリーチャーを《極楽鳥》にするようなアーティファクト。


《無限の日時計/Sundial of the Infinite》
自分のターンを終了させるという変わった置物。”終了ステップ”を経由せずに…


《トーモッドの墓所/Tormod’s Crypt》
墓地対策系の置物。0マナなのが優秀で他の使い道で見出されることもしばしば。


《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》
墓地対策置物その2.何度も使えるのは便利。サクれば根こそぎ。


《精神隷属器/Mindslaver》
なんと相手そのもののコントロールを奪ってしまうカード。再利用すれば…


《爆破基地//Blasting Station》
お手軽サクリ台。無限トークンからの無限バーンのお供にぜひ。


《狂気の祭壇/Altar of Dementia》
クリーチャーをサクると好きなプレイヤーのライブラリーを削る。ノーコストサクリ台!


《写本裁断機/Codex Shredder》
小型の石臼。良くコンボでフィニッシャーとして使われます。

全体強化

場にあるクリーチャーをすべて強化するアーティファクト。
色としては白や緑が得意ですが、アーティファクトであればどんな色のデッキでも採用可能。トークンデッキの必殺技などに複数枚刺しておくと、あっという間に殴り倒せますよ!


《旗印/Coat of Arms》

部族サポートの全体強化。並べば並ぶほど強くなる。トークン系統にもオススメ。


《今田の旗印/Konda’s Banner》

伝説のクリーチャーに装備するタイプの全体強化。部族+色のバックアップ。


《勝者の戦旗/Vanquisher’s Banner》

アドバンテージまで稼げる全体強化。やや重いが、展開しまくれば爆アド!


《エルドラージの碑/Eldrazi Monument》

プチエルドラージに変身できる置物。継続的にトークンなどが生成できるデッキにオススメ。


《アクローマの記念碑/Akroma’s Memorial》

アクローマに大変身。ぶち切れ散らかしてますねぇ。

コスト軽減

アーティファクトの中には呪文や特定のパーマメントのコストを下げる能力を持つものがあります。展開のサポートやコンボなどの利用価値があります。
ただし、その能力から危険なものであることは周知の事実。除去の対象になりがちであり、まったく機能することなくぶち壊されてしまうことも良くあります。
これだけではなんら効果はなく、すぐに破壊されてしまうとテンポを失うだけなので、場に出す瞬間はきちんと見極めましょう!


《ハートストーン/Heartstone》
クリーチャーの起動能力のコストを-1してくれる置物。コンボパーツになりがち。


《ウルザの保育器/Urza’s Incubator》
選んだクリーチャータイプのコストを②も少なくなります。テンポ爆上げ!


《雲の鍵/Cloud Key》
選んだカードタイプのコストを①下げてくれる。色マナは影響しないので注意!


《不滅の太陽/The Immortal Sun》
PWを封じ、ドローさせてくれる上に、すべての呪文のコストを①下げてくれるコスト軽減界の幕の内弁当。


《流転の護符/Quicksilver Amulet》
どんなに重いクリーチャーでも4コストで場にだせる! 厳密にはコスト軽減ではないけどね。


《ドラゴンの門/Dragon Arch》
上記カードの多色版。より重い多色クリーチャーを呼び出そう!

装備品

統率者でも御用達な装備品。
構築戦においてもしばしば大暴れし、環境を壊したカードタイプですが、それらは統率者戦においても心強いアイテムです。
デッキの潤滑剤になり、相手への制圧力にもなるこれらのカードを知っておくことで、デッキ構築やプレイングへの理解につながることでしょう。


《稲妻のすね当て/Lightning Greaves》
みんな大好きすね当て。装備コストが0なのがエライ。ただし被覆なので自分の呪文や能力の対象にできないので注意。


《速足のブーツ/Swiftfoot Boots》
上記カードと似てるけど呪禁のため使いやすい! ただし装備コスト1は支払う必要あり。


《梅澤の十手/Umezawa’s Jitte》
環境を支配しつくした極悪装備品。すべての能力が強く、マナクリに頼ったデッキはこれ1枚で完封されてしまうことも…


《火と氷の剣/Sword of Fire and Ice》
剣サイクルの中でもかなり強力な1枚。アドが稼げる上にダメージまでも飛ばせるワガママアイテム。こんだけ強い剣があったのに、ミラディン人はなぜ負けた…


《饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine》
剣サイクルからもう1枚。土地アンタップが悪いコンボに良く使われます。ハンデスは逆に相手のメリットになることもしばしば。


《頭蓋骨絞めSkullclamp》
環境をぶち壊したカード代表格。通称〆。1マナ2ドローカードとして運用されます。


《多勢の兜Helm of the Host》
戦闘のたびにコピートークンを生成してくれる装備品。伍堂やオレリアはこれの出現により大幅強化されました。


《暗黒のマントル/Umbral Mantle》
マナを支払うことでアンタップしてくれる装備品。コンボ民のおもちゃ。


《屍賊の死のマント/Nim Deathmantle》
CIPでクリーチャートークンを生成する統率者とのコンボに使われがち。インクの染みのゾンビ付与が役にたったりすることも。


《先祖伝来の宝刀/Heirloom Blade》

装備クリーチャーが死亡したとき、同じクリーチャータイプを持つものをデッキから呼び出します。コンボパーツとしてもアド源としてもグッド。


《極楽のマントル/Paradise Mantle》

誰でも《極楽鳥》になれる装備品。0マナということで別の用途で悪用されたりされなかったり。

妨害

高速コンボが飛び交い、生き馬の目を抜くcEDH(競技系統率者)界。
そんな魔界の中で生き抜くには、相手の足を引っ張るっきゃない!
相手の行動を制限し、拘束し、ロックし、屈服させている間に自分の勝ち筋を叩きこむのだ!
カジュアル卓でこれらのカードを大量に詰め込んだデッキを持ち込むのはあまりお勧めしませんが!


《冬の宝珠/Winter Orb》
土地を縛る最強アーティファクト。アンタップギミックを組み合わせて相手だけを拘束することも!


《静態の宝珠/Static Orb》
土地だけでなくパーマネントのアンタップを制限します。自分も含むので運用に注意。


《倦怠の宝珠/Torpor Orb》
CIPを消滅させます。特定の統率者はそれだけで干上がることも…


《罠の橋/Ensnaring Bridge》
攻撃抑制の代表格。殴りジェネラルなどはこれ1枚で大人しくなります。


《からみつく鉄線/Tangle Wire》
消散カウンターの数だけ土地かファクトか生物をタップします。ブリンクすると?


《煙突/Smokestack》
ススカウンターの数だけパーマネントを生け贄に捧げさせます。土地さえも触ってくる極悪っぷり。


《三なる宝球/Trinisphere》
3マナ未満の呪文すべてを3マナに変貌させます。マナクリや呪文連打に劇的に刺さります。


《アメジストのとげ/Thorn of Amethyst》
生物以外の呪文が1重くなる置物。サリアはこれを内蔵しています。どういう状態?


《抵抗の宝球/Sphere of Resistance》
上記カードの範囲拡大版。すべての呪文のコストを1プラス。統率者もね!


《防御の光網/Defense Grid》
対パーミッション用置物。相手ターンでの呪文が(3)重くなります!


《呪われたトーテム像/Cursed Totem》
クリーチャーの起動能力を封じる。これ1枚で完封されてしまう統率者も…


《墓掘りの檻/Grafdigger’s Cage》
墓地やライブラリーからの登場を禁止する置物。リアニや踏み倒しなぞ許さん!


《トーモッドの墓所/Tormod’s Crypt》
墓地対策系の置物。0マナなのが優秀で他の使い道で見出されることもしばしば。


《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》
墓地対策置物その2.何度も使えるのは便利。サクれば根こそぎ。


《無のロッド/Null Rod》
アーティファクトの起動能力をすべて封じます。マナファクトさえも! 装備品は装備もできなくなります!


《真髄の針/Pithing Needle》
”針を刺す”の”針”とはこれのこと。厄介な統率者やプレインズウォーカーに刺そう!

アーティファクトクリーチャー

色を選ばずに投入できるアーティファクトクリーチャーの中には、当時の環境をぶち壊すほどの性能を持つものがしばしば存在します。
構築では使用を禁止されたり制限されたりしますが、統率者戦では好きなだけ使うことができます! マナ加速、妨害、ユーティリティーとさまざまな用途のある金属製の生き物を使いこなし、統率者戦を優位に進めましょう!


《歩行バリスタ/Walking Ballista》
マナクリ掃除と除去火力からフィニッシャーとなんでもござれの万能構築物!


《搭載歩行機械/Hangarback Walker》
トークンばらまき構築物。油断してるとにょきにょき大きくなります。


《ファイレクシアの破棄者/Phyrexian Revoker》
歌って踊れる《真髄の針》タフ1がやや不安ですが能力は強力。


《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》
土地加速プラスドローと4マナ以上の仕事をする熊。再録の度にイカつくなりおる。


《金属細工師/Metalworker》
手札を公開し、その中のアーティファクトの数×2マナを生み出す。通称コロ助。


《陰極器/Cathodion》
死亡したときに無色3マナを加える。コンボパーツになりがち。


《呪文滑りSpellskite》
呪文か能力を曲げる能力を持つ。φマナで支払えるため非常に使いやすい。固有色は青なので注意!


《映し身人形/Duplicant》
疑似的な除去能力を持つ多相の戦士。ブリンクするとお得! 再録でイケメンに。


《磁石のゴーレム/Lodestone Golem》
アーティファクト以外の呪文はコストが1重くなります。自分も含まれますよ!


《荒廃鋼の巨像/Blightsteel Colossus》
猛毒コロ助。リアニメイトできないデザインなので素だしか踏み倒しで使いたいところ。


《カルドーサの鍛冶場主/Kuldotha Forgemaster》
アーティファクトのサーチというだけでヤバげにも関わらず何度でも使用可能! ただし3つ生け贄が必要です。


《屑鉄さらい/Scrap Trawler》
アーティファクトが場から離れるとそれより低いマナコストの金属を回収。コンボの匂いがしますねぇ。


《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》
親和を支えた強力クリーチャー。サクリ台としても優秀。


《白金の天使/Platinum Angel》
負けない! 相手は勝てない! ルールをぶち壊すタイプの天使。


《鋳造所の検査官/Foundry Inspector》
アーティファクトのコストを下げてくれるクリーチャー。大量展開でテンポを稼げ!


《金属ミミック/Metallic Mimic》
部族デッキの底上げ要因。横に並べる戦略との噛み合いが抜群。

スポンサードリンク

当サイトはファンコンテンツ・ポリシーに沿った非公式のファンコンテンツです。
ウィザーズ社の認可/許諾は得ていません。題材の一部に、ウィザーズ・オブ・ザ・コースト社の財産を含んでいます。cWizards of the Coast LLC.
最新情報をチェックしよう!