ハコオンナ


hakoonna1

Concept -コンセプト-


迷い込んだのは古びた洋館……
あなたは、
「箱女」になって「訪問者」をすべて引きずり込むか
「訪問者」になって「箱女」から生き延びるか―

サバイバルホラーボードゲーム、というかなり新しいジャンルのボードゲームです。
多くの新しいギミックを駆使して恐怖感を演出している意欲作。
とにかく怖い! パッケージから、システムまでほんと怖い!
ホラー映画やゲームのなかに入ったような没入感がたっぷり味わえます。
ゲームのシステムとしても秀逸で、対戦型ゲームとしてもしっかり楽しめます。
ホラー好きはもちろんのこと、ゲーマーにも大満足の作品です。
ほんと怖いよ!

◆注意!◆
こちらのルール説明は第一版のものとなります。
第二版ではルールが変更されているので参照される場合はご注意ください。
第二版のルールも加筆予定です。

Introduction -ゲーム情報-


作者:EJIN研究所
公式HP:『ハコオンナ』

プレイ人数:3~5人
プレイ時間:30~60分
パッケージ内容:

  • マップタイル 9枚
  • その他ボード 4枚
  • カード類 26枚
  • 物陰チップ 49枚
  • 物音チップ 1枚
  • 物音トークン 5つ
  • 封鎖トークン 1つ
  • 訪問者コマ 4つ

Components -コンポーネント-


 hakoonna1-1
パッケージです。インパクト抜群のトップ。怖い……

hakoonna1-13
マップタイル。プレイの度にマップが変わります。飽きない工夫とフレーバー、ううん凄い。

hakoonna1-9
物陰チップ。素晴らしいシステム! これは秀逸! ここの突起に-

hakoonna1-10
物音トークンを積んでいくのです! この緊張感たるや…慣れるまで二つ積むのも難しい。

hakoonna1-2
カード類。戦略性に幅をくわえてくれます。ハコオンナ側のカードが多いのです…

hakoonna1-3hakoonna1-4hakoonna1-5
プレイヤーが使えるのは一番左だけ。

hakoonna1-6
チップ類。デザイン性抜群! 怖いよ!

hakoonna1-14
チップ類の裏側です。この目がマップにそこかしこに……ヒィ!

hakoonna1-11
訪問者コマと「箱人」たち。箱人システムは画期的。脱落してからでもきちんと遊べます。

hakoonna1-12
勝利に繋がる要素。それにしてもコワイ。

すべてのコンポーネントがフレーバーに溢れています。怖い。
特にマップに並べる物陰チップがコワイです。目、目、目。
さらに緊張感と恐怖、ゲーム性すべてを担った物音チップ&トークン。
このデザインは本当に秀逸で、アナログゲームの醍醐味が詰まっています。
チップを積む『ゲーム性』と物音を立ててはいけない『物語性』が一つにマッチ。
失敗すると仲間から非難轟々間違いなしです。練習しよう!

Playing -遊び方-


◇Flow -ゲームの流れ-

①マップを形成【訪問者】
※ランダムに引き、条件に従ってマップを作ります。毎回違ったマップで楽しめる!

❷物陰チップを配置【箱女】
※その中に【訪問者】の勝利条件を配置します。どこに配置するかはアナタ次第。
※【箱女】チップを”怨”マップに配置します。マップの配置から【訪問者】の動きを読もう。
※その他にも細かい条件があります。詳細は割愛、プレイしてみよう!

③物音チップに物音トークンを乗せる【訪問者】
成功:『訪問者』の手番が得られる。
失敗:『箱女』の手番に移る。

④マップを探索orチップを覗き込む【訪問者】
※部屋を移動するか、部屋に配置されたチップをめくって何が隠されてるのかを見られます。
箱女チップ:訪問者の死亡。『箱人』(箱女サイド)になります。
その他のチップ:アイテムやその他条件の獲得。

⑤物音トークンを5つすべて乗せ切ると強制的に『箱女』の手番になります。
※五個すべて乗せられると、次から乗せる難易度が上昇します。

❻箱女を移動するか、移動しないかを選びます。【箱女】
※箱女が移動する場合【訪問者】は目をつむります。

この①-⑥を繰り返しながら、
【箱女】は、すべての【訪問者】と「オトモダチ」になれ(全滅させれ)ば勝利。
【訪問者】は、箱女チップをのぞかないよう気をつけながら「イキノコル」ことができれば勝利。
討伐:討伐用のアイテムを獲得して、『箱女』を討伐する。
成仏:”メリーさんの人形”を”亡骸”に供養して成仏させる。
脱出:脱出用の鍵を獲得し、館から脱出する。

ほかにも【箱女】から強力な妨害が与えられたり、【訪問者】の特殊アイテムを発動させたりなどの攻防を繰り返していきます。

かなり簡単に説明していますので、詳細はゲームを実際にプレイしてみてください!

Advice -アドバイス-

箱女は一人なので、ルールとして強い選択肢がいくつもあります。それらを駆使していくのですが、その反面、準備からプレイまでやるべきことが多いのが特徴です。
ですので、初めてプレイする場合は経験者が『箱女』をやるか、かなりルールを読み込むことをオススメします
『訪問者』は多人数ですが、できる行動がやや少なく設定されています。とはいえ、考えなければならないことが多いのでかなりのプレイ感を味わうことができます。初めての方は『訪問者』からプレイするのをオススメします。

◇追記◇

『訪問者』に慣れてきたプレイヤーにオススメ!

それぞれの『訪問者』ターンの間、相談できるのは同じマップにいるときだけにすると、さらに難易度が上昇します。
実際に館を探索しているような緊張感が生まれ、世界観に没入できること間違いなし!
さらにおっかなくなりますのでくれぐれもご注意を。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です