統率者戦あると便利なカード集


統率者戦では、マジックに存在するほぼすべてのカードを使うことができます。
どんなカードを使おうか選ぶ時間はとても楽しい!
だがしかし、マジックの歴史は長く、すべてを網羅することはおおよそ不可能、やはり使いやすいカードというものが存在します。
ここでは色別に使いやすいカードをご紹介します。
デッキ構築の参考になれば幸いです!

マナファクト

統率者戦ではほぼ必須のカード達。マナ加速からのビッグアクションは統率者戦ならではの醍醐味ですね!
ここでは代表的なものをピックアップしていきますが、これ以外にもたくさんあるので面白いものが見つかったら随時紹介していきます!

Sol Ring
《太陽の指輪/Sol Ring》
いわずとしれた1マナファクト。構築済みでも定番で入手しやすさナンバーワン。

Mana Vault
《魔力の櫃/Mana Vault》
1マナで3マナを生み出す破格の生産能力。ただしアンタップせず、タップ状態ではダメージをとばしてきます。

Grim Monolith
《厳かなモノリス/Grim Monolith》
こちらも3マナを生み出すファクト。ただし生み出す以上のマナを消費しなければアンタップできません。

Basalt Monolith
《玄武岩のモノリス/Basalt Monolith》
3マナ捻出Artifactその3.生み出したマナと同等のマナを消費してアンタップ可能。

Mana Crypt
《魔力の墓所/Mana Crypt》
0マナファクトの王様。ダメージも意外と馬鹿にならないので追加ターンなどではご注意を。

LotusPetal
《水蓮の花びら/Lotus Petal》
生け贄にささげることで色マナを生み出す0マナファクト。妖怪1足らない撃退装置。

Mox Diamond
《モックス・ダイアモンド/Mox Diamond》
手札から土地を追放することで好きなマナを生み出す0マナファクト。選ぶ土地は慎重に。

Chrome Mox
《金属モックス/Chrome Mox》
上記とは異なり土地(アーティファクト)以外のカードを追放し、その色マナを生み出す。

Mox Opal
《オパールのモックス/Mox Opal》
追放や刻印はいらないが、3つアーティファクトがないとマナが出ない。場にないこと滅多にないけどね!


《ライオンの瞳のダイアモンド/Lion’s Eye Diamond》
手札が捨てられるうえに3マナもくれる! 色マナなのも強力。値段も強力…

Gilded Lotus
《金粉の水蓮/Gilded Lotus》
ブラックロータスが延々と使えるマナファクト。5マナと重いが場に出してからのテンポは圧巻。

Fellwar Stone
《友なる石/Fellwar Stone》
対戦相手が出せる色マナが生み出せます。多色デッキのお供に!

Commander's Sphere
《統率者の宝球/Commander’s Sphere》
構築済みにも入っているマナファクト。統率者の塔と同じ効果で非常に使いやすい手に入れやすい。

Darksteel Ingot
《ダークスティールの鋳塊/Darksteel Ingot》
破壊不能を持ったマナファクト。これが地味に助かったり。

Coalition Relic
《連合の秘宝/Coalition Relic》
多色デッキにはぜひ採用したい1枚。一時的なマナブーストにも最適。

Chromatic Lantern
《彩色の灯籠/Chromatic Lantern》
多色デッキにはぜひ採用したい1枚その2.色事故からの解放!

Mind Stone
《精神石/Mind Stone》
2マナファクトの定番。ドローもあるので後半引いても腐らないのがエライ。

Hedron Archive
《面晶体の記録庫/Hedron Archive》
ちょうど2倍の《精神石/Mind Stone》

Prismatic Lens
《虹色のレンズ/Prismatic Lens》
無色マナのマナファクトであり、マナフィルターでもある。単体でもマナがでるので使いやすい。

Thran Dynamo
《スランの発電機/Thran Dynamo》
無色マナを3マナ生み出してくれる重たいマナファクト。《通電式キー》のお供でもある。

便利アーティファクト

ユーティリティーの高いアーティファクトをご紹介。
色を選ばずに入れられるのがアーティファクトの良いところですね。
デッキを滑らかにするカードやコンボパーツなどに使われることが多いのが特徴です。
マジックの歴史上、極悪でぶっ壊れたアーティファクトがいくつもあるので、それらを使える統率者でももちろん大暴れします。アーティファクト対策は大事!
得意な色は青、対抗できる色は緑と赤で、文明を嫌う赤はこのアーティファクトを目の仇にします。


《師範の占い独楽/Sensei’s Divining Top》
みんな大好き先生! あらかじめ欲しいカードをイメージしてから回しましょう。


《巻物棚/Scroll Rack》
疑似的なドローカード。トップ操作とも相性が抜群。個人的にはかなり好き。


《千年霊薬/Thousand-Year Elixir》
疑似的な速攻を与える置物。1マナタップで生物をアンタップできます。マナクリが受ける恩恵は絶大。


《雲石の工芸品/Cloudstone Curio》
ちょっと変わった挙動のバウンス装置。出し入れするだけで勝てるアクションで使われます。

Voltaic Key
《通電式キー/Voltaic Key》
マナファクトじゃないが、もうほとんどマナファクトみたいなもん。


《パラドックス装置/Paradox Engine》
統率者戦における最終兵器のひとつ。主にマナクリ、マナファクトを幾度となく起こします。


《ブライトハースの指輪/Rings of Brighthearth》
起動能力をコピーする置物。色々なコンボパーツに利用されます。ややクセ強し。


《ストリオン共鳴体Strionic Resonator》
誘発能力をコピーする置物。こちらもコンボパーツとして引っ張りだこ。


《彫り込み鋼Sculpting Steel》
アーティファクトをコピーするアーティファクト。マナファクト倍増!


《トーモッドの墓所/Tormod’s Crypt》
墓地対策系の置物。0マナなのが優秀で他の使い道で見出されることもしばしば。


《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》
墓地対策置物その2.何度も使えるのは便利。サクれば根こそぎ。


《無のロッド/Null Rod》
妨害系アーティファクトにて最強。緑系のデッキにはよく投入されます。